村田機械株式会社

  • シートメタル加工機TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業情報

  • 事業内容
  • 沿革
  • 国内事業拠点
  • 海外事業拠点
  • 事業関連会社
  • ニュース

ウイデマンからムラテックへ

1916年に米・フィラデルフィアに設立されたウイデマン・マシン・カンパニーはさまざまな機械をつくりだし発展をとげ、1955年(昭和30年)、シカゴの工作機械ショーで、 世界で最初のNCタレットパンチプレスを発表。板金加工分野のパイオニアとして注目を集めました。1964年(昭和39年)のウイデマチックSシリーズ、1972年(昭和47年)のマッハ2と、常に時代をリードするマシンを開発。
村田機械はウイデマンとの提携によりいち早く1970年(昭和45年)のJIMTOFにS2550を出展。1972年(昭和47年)からは当社工場で生産された国産機の販売を開始しました。その後もプラズマ・レーザ複合機や大規模FMSの構築など、村田機械は日本の板金業界とともに発展を重ねてきました。ウイデマンは1989年(平成元年)に当社が買収し現在はムラタマシ ナリーUSAとして事業を継続しています。

シートメタル加工機事業の沿革

1916年(大正5年)

ウイデマン・マシン・カンパニー設立

1935年(昭和10年)

合名会社西陣ジャカード機製作所(村田機械の前身)設立

1945年(昭和20年)

村田繊維機械株式会社を設立

1962年(昭和37年)

村田機械株式会社(現社名)に社名変更

1964年(昭和39年)

米ワーナー&スウェージー社ウイデマン部門がシカゴショーでSシリーズ発表

1970年(昭和45年)

米ワーナー&スウェージー社と提携しタレットパンチプレスの輸入販売を開始

1970年(昭和45年)

米ワーナー&スウェージー社と合弁会社村田ワーナースウェージー社を設立

1970年(昭和45年)

第5回JIMTOFで世界初のNCパンチプレスWidematic-S2550を出展

1972年(昭和47年)

Wideatic-S2550、Wideatic-S4050を国産化

1981年(昭和56年)

犬山事業所に板金FMSの無人化モデル工場完成

1983年(昭和58年)

米ワーナー&スウェージー社ウイデマン部門が小型タレットパンチプレス「セントラム1000」をシカゴショーで発表

1984年(昭和59年)

国産初のレーザ複合機W4560ハイブリッドを開発

1989年(平成元年)

米ワーナー&スウェージー社ウイデマン部門を買収

1990年(平成2年)

ムラタワーナースウェージー社を吸収合併

1994年(平成6年)

世界初のサーボモータ式パンチプレス「モトラム」を開発

1996年(平成8年)

村田工機エンジニアリング株式会社(現ムラテックCCS株式会社)を設立。サービス部門を移管。

1999年(平成11年)

丸機械より営業権を譲受。プレスブレーキ分野へ本格参入

2004年(平成16年)

EuroBlechショーでタレットチェンジャーNPS-01を発表

2011年(平成23年)

「デュアルドライブプレスブレーキ BH13530」、「ボールスクリュープレスブレーキ BB4013」を発表

2012年(平成24年)

サーボモータドライブ搭載の30トン機・「モトラム3048」を発表

2012年(平成24年)

ファイバーレーザ加工機 「LS3015FC」 を発表

このページのトップへ