村田機械株式会社

  • シートメタル加工機TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業トップ

製品情報

レーザ &パンチ複合機[M2048HL]

MOTORUM M2048HL

レーザパンチプレス

M2048HL

M2048HL

レーザ加工とパンチング加工1台2役プラスアルファ

    1.製品製作リードタイムの短縮

    穴あけや切断に加え、成形加工やタッピング装置 (オプション)などタレットパンチプレスならではの工程を集約することで、工程数と工程間仕掛かりの削減により、製品製作リードタイムを短縮します。

     

    2.高品質・高精度加工
    パンチング加工では公差付きの高精度穴加工をおこない、追い抜き継ぎ目の許されない高品質部分はレーザで加工します。

     

    3.材料歩留まりの向上
    多数個取り加工では外周切断をレーザ加工することでタレットパンチプレスに比べ材料歩留まりを向上できます。

     

    4.低ランニングコスト
    小径穴加工や、角穴加工などレーザ加工の一部をパンチング加工に置き換えることにより、
    レーザ加工専用機に比べて低ランニングコス トとなります。

     

    5.作業環境(騒音)の改善
    大口径工具での打ち抜き加工をレーザ加工に置き換えることでタレットパンチプレスで問題となる加工騒音を低減できます。

     

    6.機会損失の防止
    保有金型でパンチング加工できない部分はレーザ加工に置き換えることで金型納期に依存されず、ビジネスチャンスを逃しません。

サーボモータドライブラム機構

M2048HL のラム駆動は新しくシンプルにかつ、頑丈に仕上げました。
従来のカムドライブシリンダを廃したことで、サーボモータ制御によるラムストロークが増大し、さらなる高速ヒットによる生産性向上を提供します。また、部品点数を削減したことでさらに故障の少ない安定稼動を提供します。
さらに、モータの発熱を抑えて冷却に必要なエネルギーを低減し、制動時のエネルギーは電源回生することで無
駄なく有効利用します。

中曲げ加工

タップ加工(オプション)

8軸タッピング装置

4軸タッピング装置

サーボモータで回転数と送り速度を同期させるリジッド方式の本格的タッピング装置です。
• タップサイズ:M2 〜 M10
• タップ方式:切削/転造タップ
• 最大板厚:6.35 mm
4 軸タッピング装置
※材質、下穴径等により仕様は変ります。

タップ折損装置

常時タップ折損を監視し、不良品を未然に防止します。

タップスラグ 吸引装置

タップスラグを下方より吸引し、製品加工品質向上を図ります。

タップ刃先 寿命カウンター

あらかじめ設定したショット数まで加工すると、メッセージを表示して、タップ刃先の寿命の到来をお知らせます。

非接触式倣いセンサーによる加工

加工速度比較

非接触式倣いセンサーを標準とすることで、成形近傍の加工や、成形上のレーザ加工が可能となりました。

非接触式ハイトセンサー

加工速度比較

非接触ハイトセンサーにより、成形加工近傍の切断が可能です。

レーザ省エネ制御

加工速度比較

昼休みなど加工機を休止させているときや、パンチ、タップ加工中といったレーザ加工を行わないときは、消費電力を最小にする制御を行い、20%以上の消費電力を削減します。

レーザ日常メンテナンスの時間短縮

メンテナンス

ワンタッチ交換型のレンズホルダーを採用することで、加工レンズの脱着が簡単になり、メンテナンス時間を短縮することが可能となりました。

操作パネル

稼働率支援ツール
スケジュール運転機能

 


金型段取り指示機能

 


レーザ段取り指示機能

タッチパネル、フルカラー、フルキーボードを搭載し、今まで以上に見やすく、使いやすくなりました。さらに多彩な標準機能が機械の稼働率を向上し、オペレータを従来のわずらわしい段取り作業から解放しながら、ヒューマンエラーを追放します。



M2048HL

プレス能力

kN

200

レーザ出力

2000 / 4000

最大加工板厚

パンチ

mm

6.35

レーザ   軟鋼

mm

6.35

       ステンレス鋼

mm

6.35

加工シートサイズ(Y×X) レポジションなし

mm

1250 × 2500

タレットステーション数

32/36

フィードクリアランス

mm

25


ヒットレート

1.0t
25mmピッチ
8.3mmストローク

HPM

345

1.0t
0.5mmピッチ
1.4mmストローク

HPM

900

パンチ加工精度

mm

±0.1

このページのトップへ