村田機械株式会社

  • 繊維機械TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業情報

  • 事業内容
  • 沿革
  • 事業拠点
  • 事業関連会社
  • ニュース

1935年07月

合名会社西陣ジャカード機製作所を設立。ジャカード機の製造販売を開始
1945

1945年09月

村田繊維機械株式会社に社名変更。

1946年06月

手動ワインダーの生産開始。紡績機械分野に進出。

1955年10月

米国アボット社との技術提携による自動コーンワインダーの生産開始。
紡績機械分野への本格参入。

1959年01月

自動コーンワインダーNo.10の生産開始。

1959年06月

エアジェットルームの生産開始。織機分野に進出(〜65年)。

1962年06月

村田機械株式会社(現社名)に社名変更。

1964年06月

フィラメント用ダブルツイスターを帝人と共同開発。合繊機械分野に進出。

1965年06月

ベルギーのギルボス社と技術提携し、ショートワインダーNo.11の生産開始。
1965

1967年06月

ドイツのノイマグ社と技術提携し、合繊紡糸用テイクアップマシンの生産開始。

1967年09月

第5回国際繊維機械見本市ITMA'67(スイス・バーゼル)にダブルツイスターを出展。
1967

1972年01月

香港に駐在員事務所(現村田機械(香港))を開設。

1973年05月

加賀工場、操業開始。

1973年12月

ブラジルにムラタ・ド・ブラジルを設立。

1974年04月

インドネシアに駐在員事務所を開設。

1974年05月

米国にムラタ・オブ・アメリカ(現ムラタマシナリーUSA)を設立。

1976年09月

第2回大阪国際繊維機械見本市で、単錘自動ワインダーNo.7を発表。

1979年10月

第8回国際繊維機械見本市ITMA'79(ドイツ・ハノーバー)で、マッハスプライサー付自動ワインダーとニップツイスター付高速延伸仮撚機No.333-Iを発表。
1979 1979

1981年02月

パキスタンに駐在員事務所を開設。

1981年11月

第2回大阪国際繊維機械見本市OTEMASで、革新空気精紡機MJS(ムラタジェットスピナー)と精紡管糸の自動搬送システム(ボビントレー/リンクコーナー)を発表。
1981

1984年11月

ドイツにムラタ・マシナリー・ヨーロッパを設立。

1986年05月

エジプトに駐在員事務所を開設。

1987年07月

台湾に村機(現台湾村田機械)を設立。

1988年06月

中国に北京サービスセンター(現村田機械(上海)北京支店)を開設。

1989年06月

タイにムラタ・マシナリー・タイランドを設立。

1991年01月

ダブルツイスター、世界で初めて生産累計200万錘を突破。
1991

1994年06月

トルコに駐在員事務所を開設。

1997年10月

第6回大阪国際繊維機械見本市OTEMASで超高速革新空気精紡機MVS(ムラタボルテックススピナー)を発表。
1999

1998年03月

中国に村田机械(上海)有限公司を設立。

1999年09月

自動ワインダーNo.7シリーズ、生産累計100万錘を突破。
1992

2001年10月

第7回大阪国際繊維機械見本市OTEMASで自動ワインダーNo.21Cシリーズを発表。
2001

2002年04月

TMTマシナリー(株)を東レエンジニアリング、帝人製機と共同出資で設立。

2002年07月

上海工場(上海村田机械制造有限公司)、操業開始。

2003年03月

合繊機械事業をTMTマシナリーに完全移管。

2005年08月

アレンジワインダーが「第1回ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞」を受賞。

2011年09月

第16回国際繊維機械見本市ITMA2011(スペイン・バルセロナ)で、自動ワインダー「QPRO」とボルテックス精紡機「VORTEX Ⅲ 870」を発表。
QPRO QPRO

「20世紀の繊維産業に最も影響を与えた50人」

村田純一・村田機械会長

1999年12月、100年以上の歴史を誇るアメリカ有数の繊維業界誌「Textile World」誌は、「20世紀の繊維産業に最も影響を与えた人物50人」を選出し、その中にアジアから唯一、弊社会長・村田純一が選ばれました。
表彰された50人は、2000年紀を記念して、過去100年で繊維産業の発展に最も大きく貢献したと認められる人物を、同誌の編集者ならびに読者の投票に基づいて選考されたものです。表彰者には、ナイロンの発明者であるウォーレス・カロザーズ博士を含む19名の故人をはじめ、画期的な繊維技術の発明者や、ミリケン社、スプリングス社、ユニファイ社、ウォルマート社といったアメリカの繊維産業を大きく発展させた企業の創業者などが選ばれました。




Textile World誌「20世紀の繊維産業に最も影響を与えた50人」 村田純一紹介記事/抄訳


村田純一氏は、繊維産業の技術革新においてリーダーシップを発揮し、繊維産業における「ものづくり」の進むべき方向を指し示してきた。特に以下に列記したさまざまな技術開発により、繊維産業の最先端を切り開いてきたことが評価される。

1)エアスプライサー(*圧縮空気による自動糸つなぎ装置。1979年発表)の開発によって、巻き取り工程の高速化や自動化、精紡機との直結化などに多大な貢献を果たした。

2)ボビントレーシステム(*精紡機から供給される糸巻きボビンの自動搬送システム。1982年発表)の開発によって、精紡工程と巻き取り工程を一体化することを可能にし、同時に多彩な搬送システムを普及させる土壌を確立した。

3)ニップツイスターシステム(*2本のベルトでフィラメント糸を挟み込んで撚りをかけるシステム。1979年発表)の開発で、合繊糸の品質向上と低撚糸や特殊糸など加工領域の拡大を実現した。

4)エアジェットスピニング(*精紡から巻き取りまで工程集約した空気精紡システム。1981年発表)の開発により、合繊糸や(合繊糸と天然糸の)混合糸の生産システムに多大な影響を与えた。

5)ボルテックスエアスピニング(*100%綿などの天然糸に適応可能な精紡から巻き取りまで工程集約した空気精紡システム。1997年発表)の開発により、あらゆる精紡システムの中で最高速の精紡システムを実用化した。

このページのトップへ