会社概要

ホーム > 会社概要 > 新着情報 > ニュース詳細

ニュース詳細


2013年2月26日

キー溝加工機 「キーシータ KS10−e」を発売

村田ツール株式会社

村田ツール株式会社(本部:岐阜県美濃加茂市 社長:村田洋介)は、NCキー溝加工機「キーシータ KS10−e」 を開発。3月1日より販売を開始します。  

当社独自のキーシータ方式は、高精度ガイドポストに沿ってカッターが上下運動し、下降時に切削を行い(引っ張り方式)ます。 またステップブッシュにより正確な芯出しが可能で、高精度かつ安定したキー溝切削を実現しています。  

今回開発のKS10−eはキー溝幅最大50mmキー長さ500mmのKS5−eをベースに、最大キー溝幅を100mmキー長さ1000mmに拡大し、船舶用スクリューなど大型ワークのキー溝加工に対応しました。 キーシータ方式はテーブル上面にコラムなどの障害が一切ないため、ブローチ盤に比べてスクリューなどの外径の大きな物の加工が容易です。またストロークの範囲内なら複数のワークを積み重ねての同時加工も可能です。  

シンプルで安定した加工性能を持つキーシータシリーズは、昭和37年(1962年)に村田機械より発売されて以来、累計3000台以上の納入実績があり、2006年(平成18年)より、村田ツールにて製造販売を行っています。

《主な仕様》

  • 独自の加工方式。
    高精度加工されたガイドポストの案内溝をカッターが上下運動し、引っ張り方式で切削するため、高精度かつ安定した切削が可能となっています。またテーブルの上面には、コラムなど障害物が一切ありませんので、外径の大きいものでも加工が可能です。
  • NC入力で操作が簡単
    NCの搭載により、簡単なデータ入力によって操作が行えますので多品種少量生産にも対応できます。
  • 正確な芯出しが可能
    ブッシュを使用して加工物を取り付けるため、正確な芯出しが可能です。

《主な仕様》

最大キー溝幅 100mm
最大キー溝深 40mm
最大キー溝長 1000mm
切り込み量 0.01〜0.15mm/ストローク

キーシータ製品紹介ページはこちら

 

KS10-e
KS10-e
プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ