企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2013年12月11日

平行2軸型CNC旋盤「MW80」を発売

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区 社長:村田大介)は、ベアリング加工など短いサイクルタイムのワークに最適な平行2軸型CNC旋盤「MW80」の発売を12月16日より開始します。

「MW80」は2つの主軸と2つのくし刃型刃物台で構成したワークサイズφ80mmまでの加工・搬送が可能な平行2軸型CNC旋盤。2010年発売の「MW50」(ワークサイズφ50mmまで)をベースに開発しました。「MW80」は、「MW50」を導入いただいた多くのお客様からの、「同様の機能を有した機械で、ワークサイズφ80mmの加工も行いたい。」との要望にお応えしたものです。

「MW50」は、ベアリングに代表される比較的単純形状で短いサイクルタイムのワーク加工をターゲットとし、従来は単能盤による加工が多かったこうしたワークをNC旋盤加工に置き換えることにより、多種変量生産にも柔軟に対応できる生産ラインの構築をコンセプトとしました。こうしたコンセプトが受け入れられ、2013年11月までに累計250台を超える納入実績があります。

当社では「MW80」の投入により、「MW50」と合わせて、短いサイクルタイムへの対応が必要な広範な業種のお客様に、先進の自動化ラインをご提供してまいります。

■主な特長
○ワークサイズが φ80mmの加工・搬送が可能。

○主軸1軸に対し4本の工具を搭載。複雑な形状の加工が可能で、段取り替えも減少。

○より高い剛性を必要とする断続切削には、角スライドをオプション設定。

○短サイクル対応ローダとの組み合わせで、ワーク着脱2.9秒、
 表裏加工の最短サイクルタイムがシングルガントリーローダで15.5秒、
 ツインガントリーローダで8.3秒と、短サイクル加工を実現。


■ 主な仕様 

機種名

MW80

チャックサイズ

6インチ

刃物台形状

くし刃型刃物台(幅370mm) × 2

最大加工ワークサイズ

φ80mm × 50mm

主軸モータ

7.5kW/30分

軸ストローク
(早送り速度)

X軸 320mm(18m/分)
Z軸 200mm(24m/分)

主軸回転数

6,000rpm

オプション

標準ガントリーローダ、短サイクル対応ガントリーローダ

所要床寸法

幅:1,680mm、奥行き:2,020mm

 

 

 

MW80
MW80

このページのトップへ