BUSINESS DOMAIN

5つの事業

05

COMMUNICATION EQUIPMENT

最新の通信、ネットワーク技術を駆使したソリューションを提供

最新の通信、ネットワーク技術を
駆使したソリューションを提供

村田機械は日本で初めて、一般電話回線を利用して情報を送受信できるファクシミリを世に送り出した会社です。 それから40年余り、現在ではファクス・デジタルコピー・プリンター・スキャナーなど、複合的な機能をもつMFP(Multi Functional Peripherals/デジタル複合機)およびネットワークセキュリティー製品を中心に情報機器の研究・開発を行っています。

日本初の公衆回線ファクシミリから
デジタル複合機へ

1973年、当時の電電公社(現NTT)がファクシミリ通信への一般公衆回線開放を行うと同時に、当社の「dex180」が型式認可第1号を取得。以来、先進の技術を搭載したファクシミリ製品を世に送り出してきました。 近年のオフィス環境のネットワーク化に伴い、ワークスタイルの多様化が急速に進んでいます。そういった変化に先駆けて当社では、MFPを活用したドキュメント情報のペーパーレス共有やモバイルアプリケーションとのシームレスな連携など、MFPをオフィスにおける「ネットワークのHUB」となる製品へと進化させてきました。 また当社製品における特徴の一つはその使いやすさにあります。常にユーザーの声を製品に反映させて操作性向上に取り組み、「誰もが直観的に使える製品」にこだわったモノづくりを行っています。

オフィスの情報セキュリティー対策に貢献する新分野への注力

IT環境の普及に伴い、大切な経営資源の1つである「情報」がネットワーク経由でいつでも・どこからでも狙われるというリスクが社会問題となっています。ビジネスにとって大きな経営課題である情報セキュリティー対策に貢献するべく、当社では高機能ネットワークサーバーやUTM(統合脅威管理)機能とファイルサーバーの統合アプライアンス製品など、ネットワーク環境下におけるオフィスの情報セキュリティー強化を支える様々な製品開発に注力しています。これからもIT業界のめまぐるしい進歩に対応した技術開発を続け、新しい価値を創造してまいります。

ドキュメントハンドリングから情報セキュリティー対策事業への拡大

当社では、FAX・MFPで培った技術を活かしたドキュメントの通信や印字、スキャン、保存、転送、再利用といったドキュメントハンドリングおよびソリューションをビジネスの柱として、オフィスの生産性向上に貢献する製品として「Information server」というユニークな製品展開を行ってきました。今後、当社のメイン顧客層である中小企業市場においてIT利活用がますます進む中、内部からの情報漏えいや外部からのサイバー攻撃など様々なセキュリティー脅威に対して経営の維持と安全を担保し、企業価値を高めていただけるよう新たに「InformationGuard」を中心とする製品群を第二の柱として打ち出し、情報セキュリティー対策をサポートする製品展開を進めてまいります。

「dex180」

日本初のファクシミリ 電電公社(現NTT)認可 第1号 

「MFX-5185」

デスクトップにフィットする超コンパクト複合機

「InformationGuard Plus」

オフィスの大切な業務データをセキュアに守る

効率的なドキュメント共有を促進するInformation serverシリーズ

muratec
5 Business Fields

01

TEXTILE MACHINERY

世界初、空気で糸をつなぐ
独自の技術で、繊維業界をリード

02

LOGISTICS & AUTOMATION

世の中にあるすべてのモノを動かす
ロジスティクス(戦略的物流)を構築

03

CLEAN FA

世界中の半導体の
最先端ファクトリーでモノづくりをサポート

04

MACHINE TOOLS

モノづくりの世界を変える
すべての機械の源「マザーマシン」

05

COMMUNICATION EQUIPMENT

最新の通信、ネットワーク技術を
駆使したソリューションを提供

muratec
4 Organization Cross-Sectors

01

プラットフォーム技術の育成、
新規事業創出、事業開発を
リードする部門

02

独自の情報通信技術・
制御技術を
4つの事業分野へ展開

03

製造における全社最適を実現し、
村田機械のモノづくりの原点を
支え続ける部門

04

各分野における専門性を
最大限に発揮し、事業部をサポート。
muratecの成長を牽引する部門