研修・教育制度

村田機械では、重要な経営資源である“人材”の価値を最大限高めるため、社員一人ひとりの成長を様々な形でサポートしています。 期待される役割に応じた階層別研修や次世代のリーダー育成を目的とした選抜型研修等を実施すると共に、研修での学びを職場での実践につなげることで会社の成長を支える人材の育成に取り組んでいます。

研修体系図

若手育成

入社から3年は人事および部門がしっかりと成長を見守ることとし、成長振返りシートの確認や、毎年の集合研修を実施しています。

新入社員研修

新入社員研修は、京都本社にて約2週間の日程で行われます。 ビジネスマナーをはじめとする社会人として基礎の習得、事業内容や諸制度等の会社理解を深めると共に、グループワークを通してコミュニケーション力やチームワークの重要性を学びます。 また、技術系の新入社員は引き続き約2ヶ月間のモノづくりの研修を実施します。モノづくりの一連のプロセスを体験し、技術者としての基本的な考え方、仕事の進め方を身につけることを目的としています。

1.5年次研修

入社からこれまでを振り返り、成長した点や今後の課題を認識した上で、3年目にありたい姿を具体化し職場での実践につなげることを目指します。定期採用者および社会人2年目にあたるキャリア採用者が受講対象です。

3年次研修

職場の若手リーダーとしての役割を自覚し、今後求められる「ロジカルシンキングを使った問題解決」「後輩指導」を学びます。中堅社員としてありたい姿を具体化し、これから取組むべきことを考えます。定期採用者および社会人3年目にあたるキャリア採用者が受講対象です。

キャリア採用社員フォロー研修

同時期に入社したキャリア採用社員を対象に、当社の事業全体について理解を深める研修を実施しています。また参加者同士の意見交換を通して視野を広げるとともに、部門を超えた人的ネットワークを構築することを目的としています。

その他人材育成

ムラテックビジネスカレッジ(MBC)

各部門から選抜された20代後半から30代の社員を対象にマネジメント、アカウンティング、マーケティング等の知識の習得や自己理解を深める選抜型の研修となります。事業部横断の交流を通じ、人的ネットワークを築くと共に、多角的に物事を判断する能力を養い、村田機械の将来を担う人材の育成を行っています。

英会話研修

自己啓発として、自宅で受講が可能なONLINE英会話を実施しています。所定の出席率を満たすと、受講料の半額補助を受けることが可能です。また、受講者は社内のTOEIC試験も1回無料で受験できるため、定期的に学習の効果測定も行うこともできます。

eラーニング

コンプライアンスや情報セキュリティ等、村田機械の一員として知っておくべき事項のeラーニングを、随時実施しています。新入社員にはビジナスマナー、キャリア採用社員には、村田機械の一員として知っておいてほしい社内規則や人事制度、等、各人の状況に合ったeラーニングを受講することができます。