Muratec
E-LOGICS

コネクテッド・インダストリー、
そしてコネクテッド・ソサエティーへ。

「Muratec E-LOGICS」は、来るべき時代の物流インフラ―コネクテッド・ロジスティクス実現のために、ムラテックが提供するロジスティクス・ソフトウェア・ソリューションの統一ブランドです。 刻一刻と変化する日常の運用、管理から保守、緊急対応まで、物流現場のあらゆる情報が、外部の物流センター、あるいは販売や生産、輸配送などサプライチェーンの様々なシステムとダイナミックに応答するワンストップソリューションを、 WMSからWCS、機器制御、現場を可視化するセンシングまでフルターンキーで提供します。

ムラテック
IoTプラットフォーム

ムラテックのマテハン機器は、カメラやセンサを搭載することで、現場の様々な事象を可視化できます。 この可視化情報を、各機器の制御情報やWMSの運用情報とともに統合的にデータ管理することで、サイバー上に現場システムを再現。 現場で今まさに何が起きているのか、何をなすべきかを分析、解析、診断し、フィジカルな現場の運用改善や最適化、予防保全、予知保全などに活用するCPSサイクル(Cyber-Physical System Cycle)を回します。 来るべきコネクテッド・ロジスティクスの時代に、ロジスティクス・システムを自律化、最適化するための「IoTプラットフォーム」です。

リモートサポート

現場で今まさに何が起きているのか、何をなすべきか、を可視化する統合的なデータ管理は、工場や物流センターに完結することなく、外部ともつながります。 カスタマーサポートとつなぐことで、遠隔地からでもお客様設備のモニタリングが可能となります。 例えばセンシングで収集された実稼働情報データは、高精度な予防保全やトラブル発生時の速やかな原因特定に活用されるとともに、現場のカメラ映像と組み合わせることで、保全スタッフへの適切な作業支援にも生かされます。 来るべきコネクテッド・ロジスティクスの時代、AIによる予知保全や、システム運用の自律化、最適化へとつながるリモート接続ソリューションです。

SCM
ソリューション

コネクテッド・ロジスティクスでは、現場における管理運用の実情報が、様々な外部システムとリアルタイム、かつシームレスに連携し、サプライチェーンの中で適切にPDCAサイクルを回すため、有用・有益な情報をお互いに提供し活用できるシステム・インテグレーションが求められます。販売や生産、輸配送の状況変化にダイナミックに応答し、物流センターの運用を自律的に最適化する。あるいは、複数の物流センターが連携して出荷や横持ち補充を自律的に調整し、サプライチェーン全体を最適化する。―コネクテッド・ロジスティクス実現のために、「Muratec E-LOGICS」がお客様のSCMを進化させます。