カメラ・センシングシステム
(Muratec E-LOGICS :
Camera/Sensing Solution)

マテハン機器に様々なカメラやセンシングシステムを付加し、リアルタイムにデータ収集することで、保管品の品質管理やマテハン機器の遠隔監視・予防保全に役立てています。

現場のあらゆる事態を見える化 クレーン・AGVなどの設備にカメラを取り付け、高所や冷凍倉庫など作業者の接近が難しい現場の状況を遠隔地からリアルタイムに監視可能。また、急な設備の停止時には、ドライブレコーダー的に前後の映像を自動記録・AIによる解析で原因の追求が容易になります。

物流品質の向上 赤外線カメラを設置することで、保管物や周辺の温度を監視。測定したデータから設備全体のヒートマップを作成し温度分布を可視化、製品の品質管理などに活用が可能です。

設備モニタリング・予防保全 設備に振動や速度などのセンサー基盤を取り付け、取得したデータからリアルタイムで設備の状態監視が可能。AI活用でデータの診断を行い、機械の故障予兆を捉えることで大規模なトラブルを未然に防ぎます。