図書館(文書保管)

図書館における貴重な文献の保管だけでなく、ISO9001や各種法律で一定期間の保存が義務付けられている書類など、文書の適切な管理要求は日々高まっています。ムラテックの文書保管システムは、立体倉庫による高密度保管だけでなく、作業の自動化による機密性の向上、専用の作業ステーションの採用による作業者の負担軽減などを可能にします。

立体自動倉庫を採用することで、書架など平面的な棚と比較して、より高密度な保管を可能にします。また、空調管理された環境でまとめて保管する事により、文書の劣化や虫菌害の予防にも寄与します。

自動倉庫システムに入出庫される荷物は、作業者が待つ専用の作業ステーションに送られます。これによって従来の様に人が歩き回る必要がなくなり、大幅な省人化・省力化を可能にします。

ソフトウェアによる保管物の在庫管理はもちろん、作業者別にアクセスできる機能の権限レベルを設定可能。また、操作履歴を把握することでよりセキュアな管理システムの構築が可能です。