村田機械株式会社

  • 情報機器TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

カスタマーサポート

  • プリンタードライバー・ユーティリティ
  • 消耗品・保守価格表(PDF)
  • 製品に関するFAQ
  • トラブルに関するFAQ
  • 用語解説
  • お問い合わせ窓口(ムラテック販売株式会社)
  • その他

大規模災害時の対応について

節電モード、省電力モード等の切り替え方法について

 

大規模な災害時におきましては深刻な電力不足が発生する場合があります。節電キー(低電力モード/スリープモード)やパワーセーブキーを搭載した複合機・ファクシミリではご利用時以外の待機電力を最小限に抑えることが可能です。

 

 


 

例)MFX-2785の節電モード

 

しばらく操作しないと、自動的に節電モードに移行し機器の消費電力を抑えます。節電モード中は、〈節電〉が点灯し、タッチパネルや操作パネル上のランプは消灯します。手動で節電モードに移行したり、節電モードを解除したりするには、〈節電〉を押します。

 

 

最小電力モードについて

 

最小電力モードでは通常の節電モードよりも電力の消費を抑えることができます。
ただし、〈節電〉を押して最小電力モードを解除しないと受信以外の操作ができないといった制限もあります。

 

節電モード中でも、原稿読み込み済みのメモリー送信、ファクス受信、コンピューターからのプリントが可能です。

節電モードになっている場合、増設電話のベル回数が1回鳴ったときに電話を受けたときは、リモート受信できないことがあります。手動受信するときは、〈スタート〉を押す前に〈節電〉を押して節電モードを解除してください。


 


主な機種の節電モード設定方法 (取扱説明書抜粋)

 

MFX-C3680N/C2880N/C2280N/C2280K

MFX-C3680/C2880/C2280

MFX-2870/2875

MFX-C2828

MFX-C3400

MFX-3600

V-2850/2350

MFX-2715/2215/1810

MFX-2010/1820

MFX-5180/V-780

V-989

V-985/865

V-690

V-680



各機種の節電モード設定方法等については、インフォメーションセンター(0120-610-917)へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

 

このページのトップへ

村田機械株式会社


Copyright (C) Murata Machinery, Ltd. All Rights Reserved.

ムラテック販売株式会社


Copyright (C) Muratec Sales, Ltd. All Rights Reserved.