村田機械株式会社

  • 情報機器TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業トップ

事業情報

環境への取組み[グリーン調達]

グリーン調達

グリーン調達~お客様とともに


村田機械株式会社情報機器事業部では、「新しい価値を創造していく持続的な企業」を目指し、事業ビジョンの中に「環境との調和」を定めています。この事業ビジョンのもと、大切な地球を次世代に引き継ぐために、開発・設計・原材料調達・製造・流通・使用・廃棄の各段階において、環境保全と調和に配慮した活動に取り組んでいます。
この活動のさらなる推進のためには、お取引先様との協力による環境保全活動の強化、及び、調達活動における環境負荷の少ない原材料やサービスを優先的に調達していくことが必要不可欠となります。


お取引先様におかれましては、環境保全に対する取組みの重要性をご理解いただき、ご協力賜りますよう、お願い申し上げます。

 

情報機器事業部では、下記項目に該当する調達を推進いたします。
 ・環境負荷低減を推進しているお取引先様からの調達
 ・グローバルな化学物質規制に適合するなど、有害物質を含まない製品の購買
 ・環境保全活動を推進されているお取引先様からの調達

情報機器事業部グリーン調達ガイドライン

グリーン調達への取組の詳細は、当事業部「グリーン調達ガイドライン」に規定しておりますのでご参照願います。

グリーン調達ガイドライン

   グリーン調達ガイドライン(第7版)

日本語  英文  中文

 

グリーン調達ガイドラインの補足
EPEAT登録製品については下記のとおりと致します。
▪カドミウムおよびその化合物について、EU RoHS適用除外用途に対してもカドミウムの規制値を超えないこと。
▪25g以上のプラスチック筐体部品に、臭素系難燃剤(BFR)、塩素系難燃剤(CFR)、ポリ塩化ビニール(PVC)に起因した臭素と塩素を、それぞれ重量単位で0.1 % (1,000ppm)以上含まないこと。(外部電源に使われているプラスチック筐体部品は除く。)

 

納入品に関する環境情報提供のお願い
お取引先様からの調達品について、含有化学物質調査を実施させていただいております。
回答にあたっては、下記の調査回答ツール(JGPSSI 調査回答ツール)をご利用下さい。

JGPSSI調査回答ツール

   Ver.4 調査回答ツール(JGPSSI)
   リンク先ページよりエクセル形式のファイルを
   ダウンロードしてご使用ください。

日本語  英文  中文

入力説明書

   調査・回答のご参考に、当事業部作成のマニュアル(入力説明書)をご活用下さい。

   当事業部JGPSSI Ver4 入力説明書

日本語  英文  中文

※JGPSSIの調査・回答マニュアル等につきましてはJGPSSIのホームページ(http://www.vt62474.jp/toolv431.html)
に公式マニュアルが掲載されております(日・英・中)。あわせてご参照下さい。

 

グリーン調達調査共通化協議会について

グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI: Japan Green Procurement Survey Standardization Initiative)は、電気電子機器業界の有志企業により2001年1月に発足しました。調査対象物質リスト及び調査回答フォーマットを共通化することにより、グリーン調達調査にかかる調査労力を軽減し、回答品質の向上を目的とした非営利団体です。部品や材料に含まれる化学物質の調査回答フォーマットを定めています。

このページのトップへ

村田機械株式会社


Copyright (C) Murata Machinery, Ltd. All Rights Reserved.

ムラテック販売株式会社


Copyright (C) Muratec Sales, Ltd. All Rights Reserved.