村田機械株式会社

  • 情報機器TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業情報

  • 事業内容
  • 国内事業拠点
  • 海外事業拠点
  • ムラテック販売株式会社
  • 環境への取組み
  • 品質への取組み
  • ムラテックFAXの歴史
  • ニュース

事業トップ

事業情報

ムラテックFAXの歴史

ムラテックFAXの歴史

ファクシミリの歴史は、ムラテックFAXの歴史です。

dex180

dex180

村田機械のdex180は、1973年(昭和48年)に電電公社のファクシミリ型式認可第1号を取得。以来パーソナルからビジネスまで常にコストパフォーマンスに優れた製品を開発し、提供しつづけています。また今後は動画通信機器や移動体通信機器、データ通信機能を兼ね備えた次世代型ファクシミリなども商品群に加え、21世紀に向けて情報化社会の更なる発展に貢献したいと考えています。

1972.11

グラフィックサイエンス社(米国。後にバローズ社が買収)のファクシミリの製造販売のため日本デックス株式会社(後に村田データ機器(株)に社名変更)を設立。

1973.07

ファクシミリ「dex180」が電電公社(現NTT)のファクシミリ型式認可第一号(C-48-004号)を取得。(写真上)

1981.05

デジタルファクシミリF-300/400シリーズを自社開発し発表。

1982.10

ムラタ・ビジネスシステムズ(MBS)をアメリカ、テキサス州ダラス市に設立。

1985.08

村田機械本社を現在地へ移転

1987.08

Murata M-1

M-1

業界初10万円を切るファクシミリ「M-1」を発売。
爆発的なヒット商品となり、現在のファクシミリの普及に 大きく貢献した。
当時イメージキャラクターとして村田英雄を採用。
「俺はムラタだ」のキャッチコピーは、当社のブランド イメージアップに大きく貢献した。

1989.03

大分工場

大分工場

ファクシミリ主力生産拠点として
大分工場操業開始。

1991.01

V-60

カット紙PPFラインアップ 「Vシリーズ」第1号機「V-60」発表。

1991.10

新しい統一ブランド「ムラテック」を導入。

1992.04

R&Dセンター

R&Dセンター

本社構内にR&Dセンターを開設し製品開発を強化。

1993.04

Murata F-330

F-330

瞬速6秒FAX「F-330」を開発し発表。

1994.05

中国深センでファクシミリの委託生産を開始。

1994.06

販売とサービスの新会社「ムラテック販売株式会社」を業務開始。

1996.10

超高速3秒電送、スーパーG3モデム搭載のファクシミリ「V-848」を業界に先駆けて開発し発表。

1997.06

Muratec V-950

V-950

新しい複合機ラインアップ「ファプリコシリーズ」の
第1号機として「V-950/950P」販売開始。

1998.03

「ファプリコシリーズ」の姉妹機として「V-930/930P」を開発し発表。

1998.06

スーパーG3FAX「V-850」を開発し発表。

1999.03

スーパーG3FAX「F-350」を開発し発表。

1999.04

ファプリコシリーズ「V-950Super」を開発し発表。

1999.12

ファプリコシリーズ「V-940」を開発し発表。

2000.01

Muratec V-2000

V-2000

新しいミレニアムを記念し新ファプリコ「V-2000」を 開発し発表。

2000.04

スーパーG3FAX「V-740」を開発し発表。

2000.07

V-2000のオプショナルキット「Information server for V-2000」を開発し発表。

2001.04

V-950Superの後継機として分速18枚・スーパーG3FAX搭載の新ファプリコシリーズ「V-1000」を発表し発売。

2003.02

新ファプリコシリーズ「V-2200」及び同Isモデルを開発し発売を開始。

2004.01

音声ガイダンス機能を搭載した新ファプリコシリーズ「V-2800/V-2300」を開発し、発表。新しいインフォメーションサーバーキット「Information server +Plus」を開発し、発表。

2006.04

新ファプリコシリーズ「V-2850/V-2350」を開発し発表。Is/IPモデルにカラースキャナーを搭載。

2006.09

・新ファプリコシリーズ「V-980」を開発し発表。
・カラー複合機「V-2500C」を発表。

2006.10

セキュリティ通信機能を強化した「V-980 IsAc/IPAc」モデルを発売。

2007.04

新開発のA3プリンターを搭載した「V-1800」を発表。

2008.03

ファクス誤送信対策を強化する「セキュリティキット SK-100/SK-150」、「アーカイブ拡張キット AC-150」を発表。

2008.12

Muratec MFX-C3400

MFX-C3400

カラー複合機「MFX-C3400」を発表。

2010.03

カラー複合機「MFX-C2828」を発表。

2010.05

Muratec MFX-2010/1820

MFX-2010/1820

コンパクト モノクロデジタル複合機「MFX-2010/MFX-1820」を発表。

2010.07

GriDRIVE

GriDRIVE

オンデマンドネットワーク接続サービス「GriDRIVEサービス」を発表。

2011.10

インフォメーションサーバーシリーズを機能、インターフェイスともに刷新。5代目となる「Information server 5」を発表。

2013.01

複合機のモバイル連携機能を拡張するタブレット端末・スマートフォン向け無償アプリケーション「IsMobile app」を提供開始。

2014.05

インフォメーションサーバーを外部アプライアンスボックスとして開発。初のカラー複合機に対応した「Information server 5X」を発表。

このページのトップへ

村田機械株式会社


Copyright (C) Murata Machinery, Ltd. All Rights Reserved.

ムラテック販売株式会社


Copyright (C) Muratec Sales, Ltd. All Rights Reserved.