コーポレートトップ

モノづくり

事業開発センターについて

事業開発センターについて

お客さまに喜ばれる、新たな製品やサービスを創造してまいります。

研究開発本部では、製品開発のスピードアップとコア技術の育成を担う技術開発センターと、技術開発センターからのアウトプットの商品化/事業化を進める事業開発センターを置き、基礎技術の開発から、応用製品の事業化までを研究開発部門として推し進め、新事業創出へ向けた活動を展開しています。

事業開発センターではロボット開発で培ってきたSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)の技術を用いた自律移動制御システム「It's Navi®」を製品化し、他社製の既存の走行機能付き装置・システムに自律移動機能を持たせるという、新たなビジネスを立ち上げました。

 

また炭素繊維やガラス繊維を巻きつけ、CFRP(炭素繊維複合材料)を成形するフィラメントワインダーを開発。航空宇宙、自動車、医療用等の CFRP・GFRP製 燃料タンク、高圧容器などの分野で、軽量かつ高強度な成形体の生産性を飛躍的に向上させることができます。

研究開発本部はこの他にもさまざまな分野の研究開発を進め、今後とも新たな製品やサービスを創造してまいります。

 
医療機関での搬送実験

フィラメントワインディング装置による圧力容器製造の様子

このページのトップへ