モノづくり

  • 研究・開発への取組み

    研究・開発への取組

  • 品質に対する取組み
  • 生産革新への挑戦
  • 事業開発センター

コーポレートトップ

モノづくり

研究・開発への取組み

研究・開発への取組み

要素技術開発と製品開発を有機的に繋げ、
お客さまの価値創造をお手伝いする新たな技術を生み出します。

私たちは、新たな技術を創造し、お客さまの事業活動をより付加価値の高いものにすることをその使命としています。その推進力となるのが、事業部の技術・開発部門と、事業部に属さない研究開発本部です。

各事業部の製品開発を担う技術・開発部門は、事業分野のスペシャリストとして、求められる性能・品質に応える製品の提供に加え、お客さまが目指される次のビジネスを実現する、さまざまなご提案をおこなっています。

研究開発本部は、機械、電気電子、制御、ロボティクス、センシング、材料、IT、品質工学など、事業部の枠にとらわれない要素技術の深化によってコア技術を開発・育成しています。

それら要素技術の蓄積によって、各事業部の製品開発プロセスのスピードアップをサポートするとともに、当社の新規事業の創出にも取り組んでいます。また各事業部との交流を通じて、技術力の底上げとシナジーを実現しています。

研究開発本部

研究開発本部(京都)

研究開発本部(犬山)

事業部の研究・開発

半導体ウェハー搬送システムの試走場。

振動や温度変化が工作機械に与える影響を測定する環境試験室。

情報機器のEMC計測などを行う電波暗室。

超高速革新空気精紡機における新機構の稼働データ採取。

開発生産課

開発生産課は、開発スタッフからのリクエストに応えて、さまざまな部品を迅速に制作するとともに、開発スタッフと協力しながら新機種のモデルも試作します。試作モデルで実証実験を繰り返することで、必要なデータが開発にフィードバックできるのです。
シミュレーションだけに頼らない、実際のモノをすぐに製作する開発生産課は、ムラテックの研究・開発の姿勢を象徴する存在の一つです。

開発生産課 開発生産課
このページのトップへ