• 情報機器TOP
  • News
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

 

ファイル・フォルダを削除してしまった

ファイルまたはフォルダを削除してしまった場合は、通常はごみ箱に入っていますので復元作業をおこないます。

ごみ箱から復元する

通常は削除されたファイル・フォルダはごみ箱に移動されます。
ごみ箱から復元するには、ブラウザーにてアクセス後に操作します。

Step1. ブラウザーでInformationGuardにアクセスする
  1. Web ブラウザーを起動します。
  2. Web ブラウザーの「アドレスバー」にInformationGuard のIP アドレスを入力し、キーボードの〈Enter〉を押します。
    もしくはデスクトップにあるInformationGuardのショートカットアイコンをダブルクリックで開きます。
  3. 削除してしまったユーザーの、「ユーザー名」および「パスワード」を入力し、[ログイン]をクリックします。
Step2. ごみ箱から復元する
  1. ブラウザーでログイン後、「データ管理」にある「ファイル管理」をクリックします。
  2. 「ごみ箱」をクリックします。
  3. 元に戻したいファイルまたはフォルダにチェックを入れます。
  4. [元に戻す]をクリックします。
  5. 確認画面が表示されますので、[OK]をクリックします。

バックアップしたフォルダーやファイルを復元する(リストア)

事前にバックアップ設定をおこなっている場合には、バックアップされているフォルダーやファイルをリストア(復旧)させることができます。
ごみ箱にも存在しない場合におこなう作業になります。

リストアオプションの説明
オプション 説明
現在データにリストア元のファイルを上書きコピーする バックアップされているフォルダーやファイルで、現在のフォルダーやファイルを上書きコピーします。
サブフォルダーも含める フォルダーをリストアする場合で、この項目にチェックを入れたときは、対象のフォルダーにあるサブフォルダーのデータもリストアできます。
現在データをリネーム保存したあと、リストア元のデータを全てコピーする 現在のフォルダーやファイルは、名前の後ろに「_current」を付けた名前に変更されます。その上で、バックアップされているフォルダーやファイルがリストアされます。
現在データを消去したあと、リストア元のデータを全てコピーする 現在のフォルダーやファイルは、すべて消去されます。その上で、バックアップされているフォルダーやファイルがリストアされます。
リストアの操作
  1. InformationGuardにWebブラウザーからアクセスにて、ユーザーログインします。
  2. 「データ管理」メニューにある[ファイル管理]をクリックします。
  3. 復旧させたいフォルダーやファイルが保存されているフォルダーにチェックを入れます。
    共有フォルダーの内容をすべて復旧させたい場合は、フォルダーやファイルを選択せずに[プロパティー]をクリックします。手順5 に進みます。
  4. [プロパティー]をクリックします。
  5. [リストア設定]をクリックします。
  6. 「リストア元選択」から復旧したい世代を選択します。
  7. 必要に応じて「オプション」を設定します。
  8. [リストア開始]をクリックします。
  9. 確認画面が表示されますので、リストアする内容を確認して[OK]をクリックします。

フィードバックにご協力ください

*何も表示されない場合は、「リセット」を押してください。