• 情報機器TOP
  • News
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

 

FAXを別の番号に転送する

MFX-C2860/C2260 シリーズ

ファクス受信文書を、あらかじめ設定しておいた宛先へ転送する機能です。

ここでは、転送先がファクスの場合の設定方法についてご説明します。
メールやボックスへの転送については、受信したFAXをメール・フォルダへ転送、ボックスに保存する をご確認ください。

Step1

以下の操作で設定画面を表示させます。

メニューキーを押し、[設定メニュー]-[管理者設定]-[ファクス設定]-[機能設定]-[転送ファクス設定]の順に押します。

*管理者パスワードは、管理者の方に確認いただくか、冊子のマニュアルをご確認ください。
参考:

  • 「管理者設定」が表示されない場合は、ジョブ実行中の可能性がありますので、現在のジョブが終了するまでお待ちください。
  • 強制メモリー受信、転送ファクス、PC-FAX受信、TSI受信振分け設定は併用できません。
    「転送ファクス設定」が表示されない場合は、前記いずれかが有効になっていますので、既存設定を無効にするかは管理者へご確認ください。

Step2

以下の設定をおこなったうえ、「OK」と「閉じる」キーで画面を閉じます。

 

設定項目
設定 説明
[する]/[しない]  転送ファクス機能を使うかどうかを選びます。
初期値は[しない]です。
項目は「ファクス」を選択します。
[出力機能]  受信したファクスを転送するときに、本機で印刷するかどうかを選びます。 

  • [常時印刷]:転送すると同時に、本機でも印刷します。
  • [不達時のみ印刷]:正常に転送できなかった場合だけ、本機で印刷します。

初期値は[不達時のみ印刷]です。

[転送先]  受信したファクスの転送先を指定します。
テンキーでファクス番号を直接入力するか、[登録宛先から指定]をタップして、本機に登録されている宛先の中から選びます。

フィードバックにご協力ください

*何も表示されない場合は、「リセット」を押してください。