• 情報機器TOP
  • News
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

 

消耗品を交換する

V-785/780

消耗品の寿命が近づきましたら、以下の資料に沿って交換をお願いします

トナーユニットの交換
MFX-8200での説明です。
MFX-8230の、トナーカートリッジ、現像ユニット、ドラムユニットはサービスマンにて交換致します。
    1. 操作パネルを水平にし、フロントカバー(B1)を開きます。
    2. 廃トナーボトルを取り外します。
    3. 取り外した廃トナーボトルの口を付属のふたでふさぎます。
    4. トナーユニットロックレバー(B3)を左に回します。
    5. 使用済みのトナーユニットを取り出します
    6. 新しいトナーユニットと廃トナーボトルを梱包箱から取り出します。
    7. トナーユニットをゆっくり5 ~ 6 回振ります。
    8. トナーユニットを、ゆっくり確実に本体に押し込みます。
    9. トナーユニットロックレバー(B3)を右に回して、トナーユニットを固定します。
    10. 新しい廃トナーボトルを取り付けます。
    11. フロントカバー(B1)を閉じます。
    12. トナーユニット交換確認画面が表示されます。
      トナーユニットの種類を選択し、[閉じる]を押します。
      *トナーの種類は、トナーの箱に記載されていますのでご確認ください。
       

      • 補足:使用中のトナーと違う種類を選びますと、「このトナーを使用しますか?」と表示されますので、[いいえ]を押します。
      • トナーの種類選択画面に戻りますので、もう片方のタイプを選択して、[閉じる]を押してください。
ドラムカートリッジの交換

ドラムユニットは保守契約の場合はサービスマンにて交換致します。

  1. 操作パネルを水平にし、フロントカバー(B1)と右カバー(C1)を開きます。
  2. 廃トナーボトルを取り外します。
  3. 取り外した廃トナーボトルの口を付属のふたでふさぎます。
  4. トナーユニットロックレバー(B3)を左に回します。
  5. 現像ユニット(MFX-8230 の場合)またはトナーユニット(MFX-8200の場合)を取り外します。
  6. 記録ヘッドロックレバー(B5)を左に回します。
  7. ドラムユニットを取り外します。
  8. 新しいドラムユニットを梱包箱から取り出します。
  9. 新しいドラムユニットをゆっくり確実に本体に押し込みます。
  10. 記録ヘッドロックレバー(B5)を右に回します。
  11. 手順4 で取り外した現像ユニットまたはトナーユニットを、ゆっくり確実に本体に押し込みます。
  12. トナーユニットロックレバー(B3)を右に回して、トナーユニットを固定します。
  13. 廃トナーボトルを取り付けます。
  14. フロントカバー(B1)と右カバー(C1)を閉じます。
  15. ドラムユニットの交換確認画面が表示されますので、[はい]を押します。

フィードバックにご協力ください

*何も表示されない場合は、「リセット」を押してください。