企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • ニュース

2009年6月12日

板金加工製造現場支援端末「CAMPATH TRM+」を発売

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 社長:村田大介)は、板金加工の現場に設置し、加工プログラム管理や加工や段取り替の指示を行い、稼働率の向上をサポートする現場支援端末「CAMPATH TRM+(キャンパスTRMプラス)」を開発、6月15日より受注活動を開始します。

「CAMPATH TRM+」は、加工機の近くへの設置を前提とし、タッチパネルで操作する製造現場支援端末で、以下の機能を搭載しています。
1) 加工プログラム転送機能とその管理
当社製CADCAMシステム「CAMPATH-G4」で生成された加工プログラムを加工機に転送し表示。作業指図書を廃しペーパーレス環境を構築できます。

2) 最適加工スケジューリング機能
複数の加工スケジュールを連続して行う場合、材質、板厚、金型段取りを分析し、無駄のない最適スケジュールを提示します。

3) タレットモニターと金型管理機能
機械にセットされている金型、およびセットされていない保管金型について、金型情報(形状・サイズ)と使用履歴(打ち抜き数)を管理します。金型の管理、段取り替えの準備、金型再研磨時期の通知など、金型を総合的に管理することが可能です。

4)段取り指示機能
直近の加工だけでなく、先読みした将来スケジュールも考慮した上で、必要な金型交換情報を表示しますので、金型交換を効率的に行うことができます。

5) 加工シミュレーション機能
機械加工中でもバックグラウンドで加工内容を確認でき、いつでもオペレーターが作業内容を正確に把握できます。機械加工中でも修正が可能となります。

6) 機械リモート診断機能 (オプション)
機械の不具合、加工の不具合の情報をメールソフトを使用して、障害状況を確実に当社サービスセンターに伝えます。

「CAMPATH TRM+」対応13機種 モトラムシリーズ   
 モトラム2544 / 2548 / 2558 / 2044LT / 2048LT
 モトラムTシリーズ  モトラム2544-T / 2548-T / 2558-T / 2044LT-T / 2048LT-T
 モトラムUTシリーズ モトラム2044UT / 2048UT
 ハイブリッドシリーズ モトラム2558ハイブリッド

掲載されている情報は掲載日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

シートメタル加工機ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ