企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • ニュース

2010年9月2日

高速立体仕分けシステム「Uni-SHUTTLE HP®(ユニシャトルHP)」発売

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 社長:村田大介)L&A事業部は、1システムで保管機能と搬送機能、仕分機能を有する新しいコンセプトの自動倉庫「高速立体仕分けシステム“Uni-SHUTTLE HP® (ユニシャトルHP)”」を開発。9月6日より発売を開始するとともに、9月14日より開催される「国際物流総合展2010」(会期:2010年9月14日〜17日 会場:東京ビッグサイト)に出展します。


グローバルレベルでの競争が激化する近年、キャッシュフローの視点から、物流の現場でもロットはより小さく、搬送・輸配送回数はより増加する傾向にあります。ユニシャトルHPは、フレキシビリティに富む保管機能と、高能力の搬送/仕分け機能を組み合わせ、高いスループットで資産の回転率向上を図るとともに、後工程に配慮したグループ出庫や順立て出庫など物流品質の向上、効率化を図る、画期的な自動倉庫システムです。

 

高速立体仕分けシステム“Uni-SHUTTLE HP® (ユニシャトルHP)”」は、ラックシステム(保管棚)、シャトル台車(搬送・移載装置)と入出庫装置(スペースストレージ、バーチカルコンベヤ)から構成。


保管機能として、各段にシャトル台車が独立走行するラック(保管棚)を核に、保管物を保管棚との間でやりとりするシャトル台車の移載装置にリアフック式を採用し、カートン/折りたたみコンテナ/バケットなど保管物のケースを選ばない柔軟さを実現しました。最大幅450mm×奥行600mm×高さ600mmから最小幅175mm×奥行225mm×高さ90mmまで、保管棚の1間口あたり4〜6個を効率的に収納します。


搬送機能としては、ラックシステムの各段層を、シャトル台車がクラス最高の400m/分で独立走行し、入出庫装置と保管棚の間で保管物を搬送します。保管物の仕分けは、シャトル台車と入出庫装置との組み合わせで行い、グループ出庫/順立て出庫を実現します。


入出庫装置には、スペースストレージ(高速入出庫装置)またはバーチカルコンベヤ(高速垂直搬送機)を目的に応じて選択します。スペースストレージはグループ入出庫、バーチカルコンベアは整列順序出庫に適しています。入庫側、出庫側にそれぞれスペースストレージを採用すれば、入出庫能力は業界最高(当社調べ)の3,000ケース/時となります。

 

ユニシャトルHPは、大きさや種類の異なるケースを同時に保管できる柔軟性と、配送先単位や客先単位などのグループ単位出庫、条件に従った順序整列出庫など、運用面での高い処理能力により、1システムで保管機能と搬送機能、仕分機能を有する画期的な高速立体仕分けシステムとなります。高いスループットとオーダーごとの単位出庫により、出庫後の積み込みや納入先での仕分け作業を大幅に軽減するとともに、オペレーターの作業負担を大幅に軽減する“高能力”“高品質”“高信頼性”の物流システムとして、ジャスト・イン・タイムに対応した多品種・小ロット・多頻度の生産、多様化する消費者ニーズに応じた個配や即日配送など、物流現場が抱える様々な課題を解決します。


柔軟な入庫・保管により、物流センター内、生産工場内の効率向上はもちろん、納入先のニーズに合わせた物流品質の向上により、サプライチェーン全体の最適化を図ることができる画期的なソリューションです。


【システムの構成】

ユニシャトルHPは、各段に高速シャトル台車が独立走行するフリーロケーションラックを核に、入出庫装置として、スペースストレージおよびバーチカルコンベヤを組み合わせたシステムです。

(1)保管機能
:平棚仕様フリーロケーションラック
(2)水平搬送
:ラック各段独立走行型 高速シャトル台車 走行速度400m/分
回生電力を活用し、消費電力を最大30%削減した省エネ設計。
(3)垂直搬送
? スペースストレージ(高速入出庫装置)
:多量の荷物を一括して連続入出庫するシステム。
最大1,500ケース/時のグループ出庫が可能です。
? バーチカルコンベヤ(垂直搬送機)
:最大500ケース/時の入出庫能力で、高速の整列順序出庫が可能です。
ラックの前後左右に設置でき、多方面への仕向けに合わせた定点ピッキング
などを柔軟なレイアウトで実現します。

 

【システムの特徴】

(1)高能力入出庫
:入庫側/出庫側のそれぞれにスペースストレージを採用すれば、
業界最高の1時間あたり最大3,000ケースの入出庫が可能。
(2)高速グループ出庫
:配送先単位/客先単位など、グループ単位でまとめて出庫。
出庫後の積み込み作業や仕分作業を大幅に軽減。
(3)高速順序整列出庫
:出庫側にバーチカルコンベヤを採用すれば、選択した条件に応じて順序整列出庫が可能。出庫後の積み込み作業や仕分作業を大幅に軽減。
出庫能力は、バーチカルコンベヤ1基あたり最大500ケース/時。
(4)フリーサイズケース対応
:ラックへの移載装置にリアフック式の高速シャトル台車を採用することで、最大幅450mm×奥行600mm×高さ600mmから最小幅175mm×奥行225mm×高さ90mmまで、大きさや種類の異なるケースの同時保管が可能。
(5)フリーロケーション


:ラックは平棚仕様で、大きさや種類の異なるケースも保管可能。制約が少なく、柔軟な仕様で、保管効率を向上。

【システム例】

製品名

高速立体仕分けシステム

機種名

Uni-SHUTTLE HP®(ユニシャトルHP)

荷姿

カートンケース、折りたたみコンテナ、バケット

最小サイズ

W225mm ×D225mm ×H90mm 1.0kg

最大サイズ

W450mm ×D600mm ×H600mm 25.0kg

入出庫能力

3,000ケース/時(スペースストレージ4基)

販売目標台数

10システム/初年度

システム参考価格

5,000 万円

「Uni-SHUTTLE HP®(ユニシャトルHP)」


※ 本写真には、参考システム以外の仕様(バーチカルコンベヤ、防護ネット、ローラコンベヤなど)が含まれています。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

村田機械 村田機械 L&A事業部 営業企画室
電話:(06)6202−1121

プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

ロジスティクス&オートメーション ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ