企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • ニュース

2013年7月23日

タレットパンチプレス、レーザパンチプレスに新型NCを搭載

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 社長:村田大介)は、タレットパンチプレス、レーザパンチプレス(レーザ&パンチ複合機)『モトラムシリーズ』に新型NCを搭載しました。 新シリーズはMF東京開幕日の7月24日より販売を開始します。


■新型NCについて
今回搭載のNC装置はタッチパネル方式の採用などにより操作性に優れ、機械操作の他に以下の機能により、現場における作業効率を大きく向上させます。
主な機能としては、

 

最適加工スケジューリング機能
複数の加工スケジュールを連続して行う場合、材質、板厚、金型段取りを分析し、無駄のない最適スケジュールを可能とします。

 

タレットモニターと金型管理機能
機械にセットされている金型、およびセットされていない保管金型について、金型情報(形状・サイズ)と使用履歴(打ち抜き数)を管理します。金型の管理、段取り替えの準備、金型再研磨時期の通知など、金型を総合的に管理することが可能です。

 

段取り指示機能
直近の加工だけでなく、スケジュールの先読みが可能となり、必要な金型交換情報を表示し、金型交換を効率的に行うことができます。

 

金型ナビゲーション
金型交換が最小となる分析機能で、使用頻度の高い金型を分析するとともに、未使用金型の棚卸を実施します。また分析結果をもとに、最適タレットを創出します。

 

加工シミュレーション機能
機械加工中でもバックグラウンドで加工内容が確認でき、常にオペレーターが作業内容を正確に把握できます。機械加工中でも修正が可能となります。

 

リモート診断(オプション)
不具合発生時もリモート診断で障害部位を特定できます。機械の異常連絡をいただければ、インターネットを通じて、お客様の機械状況を正確に診断することができます。不具合が発生したお客様機台の必要な情報を、機台検索→要求→回答画面の順序で弊社が入手し、障害部位の特定を行います。

 

■機種名の変更について
NC装置の変更に伴い、機種名(機種番号)を変更しました。
1)タレットパンチプレス

 

新機種名

旧機種名

M2044TC

モトラム2044EZ

M2044TS

モトラム2044UT

M2048TS

モトラム2048UT

M3048TG

モトラム3048

M3058TG

モトラム3058

 

2)レーザーパンチプレス

新機種名

旧機種名

M2048HL

モトラム2048ハイブリッド

M2558HL

モトラム2558ハイブリッド

 

製品一覧ページへ http://www.muratec.jp/sm/products/index.html

 

 

■資料写真「タレットパンチプレス M3048TG」

M3048TG

掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

シートメタル加工機ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ