企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2014年01月09日

スーパーG3搭載コンパクト普通紙ファクシミリ『V-690』新発売

村田機械株式会社
ムラテック販売株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 代表取締役社長:村田大介)は、B4送受信対応でコンパクトな普通紙ビジネスファクシミリ「V-690」を発売いたします。

 

初代モデル「V-650」以来、10年以上にわたるロングセラーシリーズの最新モデルとなる「V-690」では、徹底した省エネ設計により消費電力を従来機の約半分にまで低減。国際エネルギースタープログラム新基準(バージョン2.0)にも適合する高い省エネ性能を実現しました。

 

設置スペース幅450mm×奥行き494mmとデスクトップに収まるコンパクトボディに、B4送受信対応や大容量給紙、誤送信防止機能などビジネスユースに最適のパフォーマンスを標準装備。小規模オフィスやワークグループ環境など様々なシーンで活躍するビジネスファクシミリの決定版です。

 

 

機種名

本体標準価格

搬入・設置説明費

月販台数

出荷開始予定

V-690

398,000円(税別)~

30,000円(税別)

300台

2014年2月下旬

V-690 主な特長


  1. 【省スペース&省エネ設計】

    置き場所を選ばないコンパクトボディ

    B4送受信対応ながら、設置スペースは 幅450mm×奥行き494mm×高さ346mmというコンパクト設計。デスクサイドやカウンターにすっきり収まる卓上サイズです。

    省エネ設計で環境に配慮
    機械を利用しない時は「節電」モードに切り替えて電力消費を抑えます。1週間の平均的な消費電力の目安となるTEC値※1を従来機の半分以下となる0.40kWhに低減。国際エネルギースタープログラムの新基準(バージョン2.0)に適合※2しています。



    ※1 国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値。
    ※2 同基準のクラス規定値0.58kWhを下回る0.40kWhでの稼働を実現しました。
    ※3 上図は前任機V-680との比較。

  2. 【充実のビジネスファクス機能】

    超高速スーパーG3電送

    ITU-T国際標準規格V.34に準拠し、スーパーG3モード(33.6Kbps)で2秒台電送を実現。誰もが安心して使える確実な通信手段としてビジネスをサポートします。

    B4送信/B4受信
    コンパクトボディで原稿・記録紙ともにB4サイズまで対応。幅広いビジネス用途に応えます。

    標準500枚/最大1000枚給紙※
    記録紙は標準カセットに500枚収容可能。オプションの増設給紙ユニットを装着すると最大1,000枚の大容量給紙を実現します。※ オプション

    車検証&鉛筆読み取りモード※
    「車検証読み取りモード」に設定すれば、車検証などの地模様や地色のある原稿の背景を読み取りません。原稿の再現性が向上し、ファクス送信時は時間短縮にも貢献、コピー時は無駄なトナー消費も抑えます。また「鉛筆読み取りモード」では淡い鉛筆書きの原稿もくっきり読み取ります。 ※初期設定:OFF

    220ヶ所順次同報機能
    同一原稿を最大220ヶ所に順次同報できます。一度の送信操作で複数宛先に順次自動送信するので、機械の前で待つ必要がありません。

    クリアスムージング
    緻密な画像処理により、標準モードで送られてきた原稿を高画質モードに自動補正して印字します。斜めの線や文字の曲線もなめらかに再現します。

    90度回転受信※
    ヨコ方向に送られてきたA4原稿を自動的に90度回転させてタテ方向の用紙に印字。ジャストサイズで受信して用紙の無駄を省きます。※ オプション

    拡張できるメモリー容量 &メモリーバックアップ
    標準装備の2MBメモリーで原稿※1を約140枚蓄積できるので、用紙切れ時の受信も安心です。さらにオプションで最大6MBまで増設可能。蓄積原稿枚数を増やすことができます。またメモリーに蓄積した受信原稿は万が一の停電時も約72時間※2バックアップ保存します。

    ※1 メモリー蓄積枚数はA4標準原稿(英文700文字程度)で測定。 ※2 標準2MBの場合。

    ファクスワープ機能
    指定時間内に受信したファクスをあらかじめ設定した宛先に転送できます。外出中に受信した原稿を出先や自宅に転送できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

    通信管理レポート/日報プリント
    ファクスの送受信記録を、一定量蓄積後または一通信毎に「通信管理レポート」として出力できます。また毎日指定時刻に印字する「日報プリント」機能にも対応。使用環境に応じてフレキシブルな通信管理が行えます。

  3. 【こだわりの操作性】

    使いやすさを追求した操作パネル

    「済スタンプ」や「リスト」などよく使用する機能や設定を呼び出せる「ご愛用スイッチキー」や、送信中のファクスを中止したい時にすぐに止めることができる「ファクス中止」キー、各種の機能設定が簡単に行える「マルチカーソルキー」などの搭載により、直感的に使える操作パネルを追求しました。

    フロントオペレーション
    トップカバーが前面から大きく開閉するので消耗品交換を簡単に行えます。また用紙補給など主な機械操作も前面から行えるフロントオペレーション方式で、余分な設置スペースを取りません。

    用紙が見えやすいカラーリング
    用紙の排出口部分の樹脂に濃いカラーを採用してコントラストを強調。離れた場所からでも用紙の有無を判別しやすく、ファクス受信を簡単に確認することができます。

  4. 【誤送信を防止するセキュリティ機能】



    宛先・ダイヤル2度押し

    送信開始前に、テンキーやワンタッチ・短縮ダイヤルで入力したファクス番号をもう一度入力。間違った番号が入力された場合はエラーになり、誤送信を防ぎます。

    IDチェック送信
    ダイヤルしたファクス番号の下4桁と相手機に登録されているファクス番号の下4桁を照合し、番号が一致するとファクス送信を開始します。機械で自動照合するため人為的な操作ミスもカバーします。

    同報・グループ送信禁止
    同報機能の利用を禁止したり、プロテクトコードによりグループ送信機能の利用を制限することで、操作ミスなどによる誤送信のリスクを低減します。

    セキュリティ受信
    あらかじめ指定した時間内に受信した文書をメモリーに蓄積。プロテクトコードを入力するまで印字を実行しないので、共有オフィスや夜間に人の出入りがあるオフィスでも機密文書などを部外者に見られる心配がありません。

    プロテクト機能
    管理者パスワードやプロテクトコードを利用して、機器設定登録や各種リスト出力、ファクス機能の使用を制限し、機械の不正使用を防ぎます。

 


V-690

本件に関するお客様からの問い合わせ先

ムラテック販売株式会社 販売本部 販売企画室
山田・外村
電話 075-672-8136

プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ