• 情報機器TOP
  • News
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

 

スキャナとして使用する

MFX-C3400/C3400Nシリーズ

スキャナとして利用する場合は以下のパターンがあります。
ご利用したい方法を選択してください。

コンピューターのフォルダーにスキャンする

お使いのコンピューターのフォルダーへ直接スキャンを取り込む方法です。

以下のステップに沿って設定してください。

Step1:コンピューターに共有フォルダを作成する

まずはお使いのコンピューターに共有フォルダーを作成する必要があります。

以下のページに沿って設定をおこなってください。

Step2:本機に宛先(プロファイル)を登録する

Step1でパソコン設定が終わりましたら、複合機へスキャン宛先を登録します。

  1. <機器設定>-[プロファイル]-[登録/変更]を押し、変更・登録したいプロファイル番号を押します。
  2. 以下の項目を設定します。
    • プロファイル名: スキャンを取る際に宛先に表示される名前です。(任意)
    • 対象URL: 共有したフォルダのプロパティ内、「共有タブ」に表示されている、「ネットワークパス」を入力します。(例:¥¥pc01¥scanの形式)
    • ポート番号: 初期値の445で失敗する場合は、139に変更してみてください。
    • ユーザー名: コンピューターの環境によります。ローカルアカウントがある場合は設定します。
    • パスワード: ローカルアカウントがある場合は設定します。
    • 2ページ目 CIFS文字セット: 初期のUTF16で失敗する場合は、Shift-JISに変更します。
  3. それぞれの設定が終わったら「確定」を押します。
Step3:原稿を読み取る

複合機で実際にスキャン操作します。

  1. 原稿をセットして、「スキャナ」から「ネットワークPC」をタップします。
  2. 登録したプロファイルを指定して<カラースタート>キーまたは、<モノクロスタート>キーを押します。

USB接続でスキャン文書を取り込む

本機とパソコンをUSBケーブルで接続されている場合は、以下の方法でコンピューター上のフォルダへスキャンが可能です。
*この機能はWindowsのみ対応しています。

Step1:必要なドライバー・アプリケーションのインストール

この機能を利用するには、スキャナードライバーとActkeyアプリケーションが必要です。
以下の手順でそれぞれインストールします。

▼スキャナドライバー

スキャナドライバーはプリンタードライバーパッケージに含まれています。
プリンタドライバーのインストールが正常に完了している場合はこの操作は不要です。

▼Actkey

弊社ウェブサイトのユーティリティ欄にある「Actkey」をダウンロードしていただき、必ず展開したうえでフォルダ内のSetupを実行してインストールしてください。

Step2:Actkeyの設定をおこなう

Step1でインストールしたActkeyを立ち上げて以下の設定をおこないます。

  1. Actkeyを立ち上げて、「オプション」から「スキャンボタン設定」を開きます。
  2. 「フォルダに保存」をクリックして以下の項目を設定します。以下の2つ以外は任意での設定です。
    • ・ファイル形式: 保存するファイル形式を選択します
    • ・保存先: 「参照」より保存するフォルダを選択します。
  3. OKを押します。
Step3:文書をコンピューターへ取り込む

Actkeyが立ち上がっていないとスキャンできません。必ずActkeyを立ち上げた状態で操作してください

  1. 原稿をセットして、<スキャナ>キーを押します。
  2. [ローカルPC]を押します。
  3. フォルダを選択して<カラースタート>キーまたは、<モノクロスタート>キーを押します。

フィードバックにご協力ください

*何も表示されない場合は、「リセット」を押してください。