企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2018年03月23日

滋賀大学データサイエンス学部と連携・協力に関する協定を締結

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長:村田大介)は、国立大学法人滋賀大学(本部:滋賀県彦根市、学長:位田 隆一、以下「滋賀大学」)と、データサイエンスの研究及び人材育成の分野において連携・協力し、データ活用による産業機械の新たな価値創出を目的とした協定を316日に締結しました。

 

当社が提供する繊維機械、工作機械、物流搬送システム機器、半導体搬送システム機器などの各種産業機械システムでは、製品ライフサイクル全般にわたる幅広い領域で、お客様に新たな価値を提供することが求められています。そのため、機械から得られる大量のデータを活用した産業機械のIoTAI実現のための技術開発に取り組んでいますが、的確なデータ分析を行うことができる専門人材の不足が課題となっています。

 

こうした背景から、当社は20174月に国内初のデータサイエンス学部を設立した滋賀大学の協力を得て、高度なデータサイエンスの人材育成セミナーを社内で実施してきました。今回の提携により、今後はさらに機械のビッグデータ解析に関する共同研究を行うことも視野に入れ、産業機械システムの新たな価値創造とさらなる高度化に挑戦してまいります。

 

 

このページのトップへ