モノづくり

  • 研究・開発への取組み

    研究・開発への取組

  • 品質に対する取組み
  • 生産革新への挑戦
  • 事業開発センター

コーポレートトップ

モノづくり

研究・開発への取組み

研究・開発への取組み

研究開発本部

事業部の枠を超え、基礎技術のグループ共有を図る研究開発本部

多種多様な製品を提供する村田機械では、各事業部と研究開発本部が役割を分担しつつシナジーを高めなが
ら製品開発を行っています。事業部はそれぞれの事業分野特有のコア技術を強化、研究開発本部は複数の事業領域共通の基盤となるプラットフォーム技術を強化し、両者が協力しながら付加価値の高い製品開発を行っています。研究開発本部が中長期的な開発戦略で強化したプラットフォーム技術は各事業部のさまざまな製品に展開されています。

 

製品化・事業化を加速させる研究開発本部2センター制

研究開発本部では技術開発センター、事業開発センターの2センター制で3つのミッション(プラットフォーム技術強化、製品開発スピードアップ、新規事業育成)に取り組んでいます。技術開発センターでは、製品開発スピードの向上のために、開発を通したプラットフォーム技術の強化に取り組んでいます。事業開発センターでは、事業領域を拡げるべく新規事業の創出を目的とした製品開発を行っています。

情報通信制御開発本部

ICTを活用した次世代製品・サービス開発を支援する
村田機械が手がける産業機械や搬送システムでは、信頼性の高い制御技術や、ICTを活用したソリューションが求められています。全社共通の開発部門として設立された情報通信制御開発本部では、情報機器事業で蓄積された高度な通信技術と、多様な分野での多彩な製品開発で培われた組み込み技術をベースに、各事業部製品の機能向上を図る応用技術を開発しています。

事業部の研究・開発

半導体ウェハー搬送システムの試走場。

振動や温度変化が工作機械に与える影響を測定する環境試験室。

情報機器のEMC計測などを行う電波暗室。

超高速革新空気精紡機における新機構の稼働データ採取。

開発生産課

開発生産課は、開発スタッフからのリクエストに応えて、さまざまな部品を迅速に制作するとともに、開発スタッフと協力しながら新機種のモデルも試作します。試作モデルで実証実験を繰り返することで、必要なデータが開発にフィードバックできるのです。
シミュレーションだけに頼らない、実際のモノをすぐに製作する開発生産課は、ムラテックの研究・開発の姿勢を象徴する存在の一つです。

開発生産課 開発生産課
このページのトップへ