企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2019年02月27日

ファイバーレーザ複合加工機「LS2512HL」
ソーティング機能付き自動搬送装置「FG2512TL」を発売

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区 社長:村田大介)は、ファイバーレーザ複合加工機「LS2512HL」、ファイバーレーザ加工機・ファイバーレーザ複合加工機に対応した、ソーティング機能付き自動搬送装置「FG2512TL」を2019年3月より販売開始します。

両機はいずれも4×8材対応で、従来の5×10材対応機「LS3015HL」、「FG3015TL」と合わせて複合加工機と自動化システムのサイズバリエーションを充実させました。

 

ファイバーレーザ複合加工機「LS2512HL」は、レーザヘッドが移動するフライングオプティクス型ファイバーレーザ加工機をベースに成形加工・タップ加工を付加した複合加工機で、高速・高精度加工に優れたファイバーレーザ加工機のポテンシャルを最大限に引き出します。

 

「LS2512HL」の成形加工ユニットは皿モミ、ハーフシャー(ダボ)、バーリング加工などが可能。成形金型は8ステーションで、オプションのATC(自動工具交換装置・38ステーション)を付加すれば金型を最大45本まで装備できます。タップ加工ユニットはリジットタイプで、M2~M10対応(標準)。ステーション数は4(標準)、8(オプション)が選択可能です。

 

ソーティング機能付き自動搬送装置「FG2512TL」は、ファイバーレーザ加工では難しいとされていた加工済みワークのピッキング~ソーティングを実現し省人化に大きく貢献します。タレットパンチプレスに比べて切断幅が狭いため難しかったワークピッキングは、加工後のシートからスケルトンを先に取り除き、残ったワークを吸着搬送することにより安定した動作を実現しました。また素材や製品を保管するストッカを装備し、長時間の自動運転にも対応できます。

 

多彩な複合加工を実現する「LS2512HL」と安定した自動搬送を実現する「FG2512TL」の組み合わせにより、高度かつ高速な複合加工と、長時間にわたる安定した自動運転を実現します。

 

【ファイバーレーザ複合加工機 LS2512HL】

レーザ部仕様
 定格出力 2.5 kW、4.0 kW、6.0 kW
 早送り速度 170 m/min(XY同時2軸)
 位置決め精度 ±0.01 mm
 最大加工範囲 2500 mm x 1250 mm x 100 mm
成形部仕様
 加工トン数 5 トン
 ステーション数 8
 最大加工板厚 6.35mm、12 mm(オプション)
タップ装置仕様
 ステーション数 4、8(オプション)
 タップサイズ M2~M10、M12(オプション)
 最大加工板厚 6.35 mm、12 mm(オプション)

 

【ソーティング機能付き自動搬送装置 FG2512TL】

素材サイズ(XxY) 最大1250 mm x 2500 mm
最小914 mm x 914 mm
板厚 0.5 mm~6.35 mm(一枚取り自動搬送)
製品サイズ(XxY) 最大1250 mm x 2500 mm
最小100 mm x 250 mm
ストッカ棚数 8、10(オプション)

このページのトップへ