企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2019年08月29日

作業性に優れた小型プレスブレーキ
「BB306 Advanced version」を発売

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区 社長:村田大介)は、ボールスクリュープレスブレーキ「BB Advanced versionシリーズ」の中で最小サイズとなる「BB306 Advanced version」を2019年9月より販売開始します。

 

「BB306 Advanced version」は、加圧能力270kN、曲げ長さ630mmの小型汎用プレスブレーキです。

 

機械幅が小さいため、椅子に座りながらの作業も可能です。操作パネルは±12°のチルト機能を備え上下の角度調整が可能で、立ち作業と座り作業のどちらにも対応しています。また、加工動作部前に作業テーブルを標準装備し、材料や加工途中のワークや完成品を一時的に置いたり、測定器を置くなど、オペレーターの作業効率を高めます。「BB306 Advanced version」は、ブランク加工の傍らで小物ワークなどの曲げ加工に最適な一台です。

 

 

ボールスクリュープレスブレーキ 「BB Advanced Versionシリーズ」の特長

◇ボールスクリュードライブシステム

「BB Advanced versionシリーズ」は、ACサーボモータ制御のボールネジで駆動するボールスクリュードライブシステムの搭載により、高速動作と安定した繰り返し停止精度を実現。減速機を組み込むことで騒音も抑え、良好な作業環境づくりに貢献します。

 

◇作業性に優れた操作パネル

21.5インチのタッチパネルワイドモニターに使いやすいユーザーインターフェースを搭載。機械の状態をオペレーターに伝えるアナウンスインジケーターや金型管理画面での金型図表示などの作業者支援機能を備えています。

 

◇板金CAMフォーマット「SCPX」対応

当社開発の板金CAMフォーマット「SCPX」に対応し、他社製CAD/CAMデータとの互換性を強化しています。(対応する他社製CAD/CAMシステムごとにSCPXフォーマットへの変換方法や必要なソフトウエアは異なります。)

 

【ボールスクリュープレスブレーキ BB306 Advanced version】

駆動方式

ボールスクリュードライブ(ボールネジ駆動)

加圧能力

270 kN(27.5 ton)

曲げ長さ

630 mm

電源容量

11 kVA

機械重量

2.6 ton

このページのトップへ