企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2019年09月04日

工作機械におけるインダストリー4.0プラットフォーム「umati」の相互接続デモに参加 EMO Hannover 2019

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136社長:村田大介)は、9月16日開幕のドイツハノーバーで開催される、欧州国際工作機械見本市「EMO」において、ドイツ工作機械工業会(VDW)が実施する、複数社の工作機械や機器をデータ連係させる共通インタフェース「umati(ウマティ)」を用いたデモンストレーションに参加します。

 

「umati」はインダストリー4.0が推奨するプロトコル「OPC UA」上で動作する、ドイツ工作機械工業会(VDW)が策定中の工作機械向け共通インタフェースで、今回のEMOでは複数の工作機械メーカ、コントローラメーカ、アプリケーションベンダが参加する相互接続デモンストレーションとして100台規模の機械を接続する実演が行われる予定です。

 

村田機械ブースにおける実演は、グループ会社のサイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:岡野 喜男、以下 サイレックス)が開発した、「umati」に対応したスマートファクトリ用途向けプロトコルコンバータ『FBR-100AN』(OPC UAモデル プロトタイプ)を使用して接続を行います。

 

当社では今回のデモンストレーショへの参加により、欧州を中心としたユーザーに「umati」への対応を通じて、IoTに取り組む当社の姿勢をご覧いただきます。

 

村田機械EMO出展案内(英文サイト)

 

工作機械向け共通インタフェースOPC UA対応のプロトコルコンバータ『FBR-100AN』のEMO Hannover 2019「umati」デモ参加について

 

umatiについて(VDWサイト・英文)

 

 

FBR-100AN

 

このページのトップへ