企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2019年12月09日

ユーザーインターフェースを一新し、使いやすさと性能を両立させた
A3カラーデジタル複合機「MFX-C7360」「MFX-C7300」「MFX-C7250」 3機種を発売

村田機械株式会社/ムラテック販売株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 代表取締役社長:村田大介)は、A3フルカラーデジタル複合機MFX-C7360」「MFX-C7300」「MFX-C7250の3機種を、ムラテック販売株式会社を通じ2020年1月上旬より順次発売します。

 

「MFX-C7360」「MFX-C7300」「MFX-C7250」は使いやすさを追求したタブレットライクな10.1インチの大型タッチパネルを搭載。操作画面には利用頻度の高い基本機能を中心に構成した「ベーシックスタイル」が新たに加わり、よりシンプルな操作を可能にしています。また、オフィス環境に調和するLEDランプを各所に配置し、機器の状態を分かりやすくお知らせします。

主電源オンからコピー可能状態になるまでのウォームアップタイムはカラー13秒/モノクロ12秒以下(1)、パネル復帰タイムは約1.2秒と従来機よりも大幅に短縮。またファーストコピータイム(2)は、MFX-C7360でカラー6.1秒/モノクロ4.6秒と高速化を実現するなど、忙しいオフィスワークを強力にサポートします。

印字速度はMFX-C7360が36 枚/分、MFX-C7300 が30枚/分、MFX-C7250 が25 枚/分と、それぞれ現行シリーズ(MFX-C3690Nシリーズ)と同じです。

さらに、オフィスのネットワーク化に応じてセキュリティー機能を強化。本体ストレージに暗号化機能付きSSDを採用し、保存データを常時暗号化するほか、Bitdefender社のスキャンエンジンをベースにした強固なウイルススキャン機能(3)で、本体へのファイル入出力時のウイルスチェックにより潜在するウイルスを検知し、外部への拡散を防止します。

また、オフィスのペーパーレス化、ドキュメント共有を促進するネットワークソリューション「Information server 5X」にも対応しています。

 

主な特徴

タブレットライクな大型タッチパネル

10.1インチのWSVGA TFT大型液晶を採用。マルチタッチが可能な静電式タッチパネルを採用し、使い慣れたスマートフォンやタブレットに近い操作性を実現しました。

 

選べる操作画面

利用頻度の高い基本機能に絞った構成のベーシックスタイルと、細かい設定や高度な応用機能も利用できるクラシックスタイル(従来ベースの操作画面)の2種類を使い分けられます。

幅広い用紙サイズに対応

手差しトレイに加えて、1段目カセットに封筒やはがきもセットできるようになりました。

原稿送り精度の向上

原稿送り装置に通紙した原稿の傾きを電子的に補正する機能を搭載し、スキャン精度を大幅に向上させました。また自動両面同時読取り原稿送り装置には複数枚の紙が誤って通紙することを防ぐ重送検知センサーも搭載しています。

環境に配慮した省エネ設計

国際エネルギースタープログラムバージョン2.0が定めるTEC値(4)を大幅にクリアした省電力設計。MFX-C7250では従来機比25%TEC値削減を実現しています。

 

(1) MFX-C7360の値。MFX-C7300、MFX-C7250はカラー13秒/モノクロ11秒以下

(2) コピースタートボタン押下から1枚目が出力されるまでの時間

(3) オプション機能

(4) 国際エネルギースタープログラムで定められた測定方法による数値

 

 

 

このページのトップへ