村田機械株式会社

  • シートメタル加工機TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

製品情報

  • タレットパンチプレス
  • レーザパンチプレス
  • ファイバーレーザ加工機
  • ファイバーレーザ複合加工機
  • プレスブレーキ
  • CAD/CAM
  • バリ取り機
  • ツールグラインダ

事業トップ

製品情報

レーザ複合加工機

LS3015HL

板金用ファイバーレーザ複合加工機

LS3015HL

LS3015HL

ファイバーレーザ加工が主役の複合加工機

    ファイバーレーザの特性を最大限に引き出すため、フライングオプティクス方式による剣山パレット上での加工を行い、高速加工・高精度加工を実現しています。

LS3015HL

 

上下サーボ駆動で様々な成形加工に対応

    下型昇降機構を標準搭載し、安定したブラシテーブル上で上下成形加工を行います。成形加工の微調整が可能で、高品質加工を実現します。また、複数の金型を管理できます。

LS3015HL

 

サーボ駆動で高品質なリジッドタッピングユニット

    サーボモータにより制御された送りと回転速度により、高品質なタップ加工を行います。工具寿命を考慮した刃先潤滑対応、長時間安定稼働を考慮した切粉吸引装置・刃先折損検知を標準搭載。また、ヒット数・工具寿命を管理できます。

    LS3015HL

     

    テーブルシフト

    フォークユニットが剣山間に入り、剣山パレットから、ブラシテーブルへスムーズにチェンジします。剣山上で素材を引きずらないため、素材キズレスでのテーブルシフトが可能です。その間も終始クランプしており、安定した複合加工を実現します。ファイバーレーザ加工は、特性を最大限に引き出せる剣山パレット上で行い、成形・タップ加工は安定したブラシテーブル上で行います。

    LS3015HL

 

定格レーザ出力

W

2500

最大加工範囲(X×Y×Z)

mm

3070 mm ×1550 mm ×100

最大積載ワーク重量

kg

600

早送り速度

m/min

170(XY同時2軸)

位置決め精度

mm

±0.01

繰り返し精度

mm

±0.01

 最大加工トン数

3070 mm ×1550 mm ×100 mm

 ステーション数

8

 ツーリングタイプ

LS3015HL専用

 最大加工板厚

6.35 mm

 ステーション数

4(標準)、8(オプション)

 タップサイズ

M2〜M10

 タップ種類

切削タップ または 転造タップ

 最大加工板厚

6.35 mm

刃先潤滑・折損検知機能、切粉吸引機構搭載

このページのトップへ